環境ビジネスの動向

環境ビジネスの動向記事一覧

廃棄物・再資源化ビジネスとは?

ゴミの処理と再資源化を行うビジネスが成長しています。ゴミは従来の社会の厄介者から、重要なエネルギーや資源として見られるようになってきました。ゴミの再資源化を行うビジネスまず、ゴミのことについて分類します。ゴミ(廃棄物)は、一廃(一般廃棄物)と産廃(産業廃棄物)に「廃棄物処理法」で分類されています。一...

≫続きを読む

一般廃棄物処理業者のビジネスの現状とは?

ゴミの最終処分場の残余容量が減少したことと、自治体の財源不足から、一般廃棄物処理の民間委託が広がっています。東京ドーム140杯分の排出量2006年度の一廃総排出量は、約5200万トン(東京ドーム140杯)に達しました。家庭ゴミが64%を占めます。ただし、総排出量は2000年度の約5480万トンをピー...

≫続きを読む

産業廃棄物業者のビジネスの現状とは?

一廃に比べてリサイクル条件のよい産廃はビジネスの魅力も大きいためか、この10年間で新規進出件数が2.4倍に増えています。リサイクル量は、排出量の51%環境省の「産業廃棄物の排出及び処理状況」によれば、2006年度の産廃総排出量は4億1850万トンで、過去4年間横ばいです。業種別では、エネルギー、農業...

≫続きを読む

リサイクルビジネスの現状について

国の政策、関連法の整備が進みました。リサイクルビジネスは、活発化しています。しかし、まだまだリサイクル率は低く、今後の成長が期待されます。40兆円ビジネスへ2015年に到達する見込み廃棄物ビジネスは「ゴミを資源化するビジネス」です。では、リサイクルビジネスとは「資源化したゴミを商品化して、流通させる...

≫続きを読む

容器包装廃棄物の問題とリサイクル業者の現状

家庭ゴミ中で重量比30%、容積比60%を容器包装廃棄物が占めています。その97%がリサイクルされています。プラスチックゴミの用途は多い瓶、缶、ペットボトル、紙箱など包装容器の廃棄物をリサイクルするのが、容器包装廃棄物リサイクルビジネスです。容器包装リサイクル法に基づいて、自治体が分別回収している対象...

≫続きを読む

廃家電リサイクルのビジネスの現状について

家電リサイクル法が施行して10年経ちました。この間に廃家電のリサイクルは倍増、家電リサイクル市場は本格的な成長を見せています。過重投資回避のための共同運営家電リサイクル法によって、エアコン、ブラウン管テレビ、電気冷蔵庫・冷凍庫、電気洗濯機は、輸入を含む自社製品家電のリサイクル義務が家電メーカーに課さ...

≫続きを読む

建設リサイクルのビジネスの現状について

産業廃棄物排出量の20%を建設廃棄物は、リサイクルビジネスにより90%近くが再資源化されるようになりました。ゼネコンに義務化したリサイクル建設リサイクルビジネスとは、ビルの建設工事(新築・増築、修繕、解体)から出る建設廃棄物をリサイクルするビジネスです。建設リサイクル法が、ゼネコンなど建設工事受注者...

≫続きを読む

食品リサイクル業者のビジネスの現状について

国際的に穀物価格は高止まり傾向です。これが食品リサイクルの追い風となっています。その中で、リサイクル飼料の成長が期待されています。リサイクル率の業種間格差が大きい食品関連事業者からだされる食品廃棄物をリサイクルするのが、食品リサイクルビジネスです。このビジネスの開始は、食品リサイクル法が食品関連業者...

≫続きを読む

自動車リサイクルのビジネスの現状について

2008年3月末のわが国の自動車保有台数は約7600万台。このボリュームが自動車リサイクルビジネスのインフラです。廃車はリサイクル率の高い毎年日本では、350万台前後の車が廃車となっています。この廃車をリサイクルするのが、自動車リサイクルビジネスです。従来では、廃車は解体事業者によって分解、大半の部...

≫続きを読む

プラスチックリサイクルのビジネスの現状について

新興国などでの需要が増し、さらに石油が枯渇するとの予想がなされています。廃プラスチックは資源としての価値が増大し、リサイクル市場は着実な成長を見せています。ビジネス展開は数100社プラスチック処理促進協会の資料によると、2007年の廃プラスチックは一廃と合計994万トンの排出で、そのうちの72.7%...

≫続きを読む

廃タイヤリサイクルのビジネスの現状について

タイヤは、毎年1億本程度排出されます。その90%はリサイクルされていますが、需要の偏在が問題です。廃タイヤリサイクルは不安定日本の廃タイヤの排出量は、2007年に9900万本、106万4000トンですが、そのうちの95万2000トンがリサイクルされました。廃タイヤは、マテリアル、サーマル、輸出の3つ...

≫続きを読む

蛍光灯リサイクル業者のビジネスの現状について

廃蛍光灯は、処分に困り長い間お荷物状態でした。しかし、技術革新がなされ、「リサイクルの孤島」と呼ばれた時代から、一躍人気商品となるなどリサイクルが本格化してきています。15%のリサイクル率わが国の廃蛍光灯は、毎年約5億本です。しかし、リサイクル率は15%程度で、残りは埋立処分です。これまでのリサイク...

≫続きを読む

日本のエネルギー事情。問題点や弾力性について。

日本は経済成長の原動力であるエネルギーを殆ど外国からの輸入に頼っています。これが日本のアキレス腱であり、環境問題の課題ともなっています。消費が拡大した民生・運輸部門エネルギーの分類は、石炭、原油等のように原料での流通が「一次エネルギー」、原料を精製・加工して、電気、ガソリンなどの製品で流通する「2次...

≫続きを読む

エネルギービジネスの現状について

再生可能エネルギーは、資源が枯渇しません。そのため、地球温暖化防止に効果も大きく、さらにビジネスとして有望であると考えられています。普及拡大を各国が競う1次エネルギーは、枯渇性エネルギー、再生可能エネルギー、未利用エネルギーに分かれます。枯渇性エネルギーは、石油、石炭、天然ガス、ウラン(核燃料)など...

≫続きを読む

太陽光発電のビジネスの現状について

政府の補助金制度復活を引き金として、太陽光発電市場が活発化しています。太陽光発電を装備した新築住宅は、今では住宅市場の人気商品です。世界トップの座が奪われた太陽光発電は、いくつかの種類に分けられます。それは、利用形態に違いがあるからです。系統連係型住宅用:系統(電力会社の電力供給網)と連携して、不足...

≫続きを読む

風力発電のビジネスの現状について

日本は平地が少ないので、外国ほどには大型風力発電は欧米と比較して広まっていません。しかし、小型風力発電ビジネスは成長が期待されています。世界13位の普及度風力発電とは「風力で風車を回し、回転運動エネルギーを電気エネルギーに変換する再生可能エネルギー」です。意外でしょうが、現在の再生可能エネルギーの中...

≫続きを読む

バイオエネルギーのビジネスの現状とは?〜その1〜

廃棄物リサイクルのバイオエネルギーによる再生可能エネルギーである技術開発と実用化が国際的に加速しています。二酸化炭素排出抑制にも有効なエネルギーです。契機となったのは石油ショックバイオエネルギーとは、「バイオマス(動植物由来の有機物)を利用した再生可能エネルギー」のことです。燃焼させても、二酸化炭素...

≫続きを読む

バイオエネルギーのビジネスの現状とは?〜その2〜

日本は、一次エネルギー供給量の6%相当のバイオエネルギー資源があります。しかし、開発はまだ始まったばかりです。欧米で導入が拡大しているバイオ絵年るギーの導入は、日本より欧米が先行しています。欧州の目標は、欧州委員会が「グリーンペーパー]に1996年に発表しました。総エネルギー消費に占める再生可能エネ...

≫続きを読む

バイオ燃料のビジネスの現状とは?メリット・デメリットなど

バイオエネルギーの中で、大きな成長が見込まれているのはバイオ燃料です。日本においてもバイオ燃料の動きは活発になってきました。突出しているのは、米国とブラジルバイオ燃料は石油代替エネルギーとしてだけでなく、二酸化炭素の排出削減に有効であるという理由で導入が開始されました。主に1990年代以降、米国やブ...

≫続きを読む

地熱発電のビジネスの現状とは?仕組みやメリット・デメリットなど

世界有数の火山国である日本には良質な再生可能エネルギーの地熱が豊富にあります。しかしその利用はあまり進んではいません。エネルギーの生産性が高い地熱発電とは、地熱水を利用して発電をすることです。火山帯の地下5〜10kmのところに、摂氏1000度のマグマ溜りがあります。雨水はマグマ溜りで熱せられて、地熱...

≫続きを読む

海洋エネルギーのビジネスの現状について。メリットや今後の課題など

再生可能エネルギーの中で、太陽光、風力、地熱の次に注目されているのは海洋エネルギービジネスです。欧州が活気付く地球を動かしているのは、全て太陽エネルギーです。このうち30%は、反射によって宇宙に返ります。70%が地球内に入るのですが、2/3は大気・地表・海面に吸収され熱エネルギーに変換されます。のこ...

≫続きを読む

燃料電池のビジネスの現状とは?仕組みやメリット・デメリットなど

「21世紀のエネルギー革命」といわれる燃料電池が、商用化時代に入ってきました。日本はこのビジネスで一歩先んじています。水素で発電するのクリーンなエネルギー燃料電池は、水素と酸素を反応させて発電する装置です。水素エネルギーと呼ばれています。電気と水を生成することから、究極のクリーンエネルギーと言われま...

≫続きを読む

家庭用燃料電池のビジネスの現状とは?

2009年5月から一斉発売された家庭用燃料電池「エネファーム」は、本格的に普及するにはまだ時間がかかりそうですが、好調な滑り出しを見せました。家庭用燃料電池は災害に強い日本の家庭用燃料電池は、世界に先駆けて販売されました。発売一ヶ月で、約300台を売り上げるメーカーも出ました。いずれのメーカーも好調...

≫続きを読む

自動車用燃料電池のビジネスの現状とは?

エコカーの本命は自動車用燃料電池で走る燃料電池車です。脱石油、脱大気汚染、これらをいずれもクリアーできます。その時代は10年後といわれています。燃料電池車が世界の先端を走っている当初、自動車用燃料電池を先行して開発していたのは、米国のダイムラー・クライスラー社でした。1994年に世界初となる試作車「...

≫続きを読む

未利用エネルギーのビジネスの現状とは?

多くの未利用エネルギーが放置されていましたが、利用可能に技術が進歩して「生活用エネルギー」として用いられるようになttきています。広く普及している北欧諸国あまり馴染みのない未利用エネルギーという言葉は、「今まで利用されてこなかった低熱量エネルギー」の総称です。それらは、工場排熱、変電所排熱、河川・海...

≫続きを読む