サービス系環境ビジネス

サービス系環境ビジネス記事一覧

排出量取引のビジネスの現状とは?

欧州中心に排出量取引市場が急成長しています。2005年〜2007年の間に成長率2倍です。日本では試行的な取引が開始されてきました。向上した削減の透明性排出量取引:国や企業に温室効果ガスの排出削減目標量を個別に割り当てます。その目標に達した国や企業と未達のところとの、超過分と不足分を市場で取引できる仕...

≫続きを読む

グリーン電力のビジネスの現状とは?仕組みや取引など。

コスト差を解消するための環境付加価値グリーン電力というのは、再生可能エネルギー(例えば風力など)を普及させるためのサービスのことをいいます。この発電は、電気としての価値は火力発電と変わりません。しかし、環境に与える負荷がはるかに小さいのです。つまり「環境付加価値」が高いといえます。ただ、再生可能エネ...

≫続きを読む

カーボンオフセットのビジネスの現状とは?実例や事例など。

地球温暖化対策を促す仕組みとして開発されたカーボンオフセットが、新しいビジネスとして成長しています。裾野を拡大した温暖化対策カーボンオフセットの意味は、生活や事業活動で発生するカーボン(温室効果ガス)に相当する金額を、温室ガス関連j業(植林など)に投資します。そうして排出カーボン量を相殺するしくみと...

≫続きを読む

グリーン投資のビジネスの現状とは?

環境関連事業、環境ビジネスを積極展開している企業に投資する「グリーン投資」が世界中で拡大しつつあります。新しい投資市場について1980年に米国で土壌汚染対策の「スーパーファンド法」が制定されました。ここからグリーン投資が盛んになりました。企業の土壌汚染対策には、企業のみならず取引銀行も連帯責任が課さ...

≫続きを読む

ESCO事業のビジネスの現状とは?デメリットや事例など。

海外で成長しているESCO事業があります。地球温暖化防止の推進で、顧客に対しては光熱費を削減し、社会的には温室効果ガスを削減するという2つの効果を得るビジネスです。省エネ総合サービスはアメリカ発祥ESCO(Energy Service Company:エスコ)事業は、1970年代に米国で開発されまし...

≫続きを読む

エコツーリズムのビジネスの現状とは?事例など。

世界遺産をめぐるツアーが、近年人気があります。エコツーリズムは、日本でも人気が高まっています。旅行形態が多様性に富んでいるエコツーリズムというのは、観光旅行の一つです。地域固有の自然、文化、歴史などを巡る旅です。1990年頃から日本では盛んになってきました。一方海外では、自然環境を資源としてツアーが...

≫続きを読む