環境ビジネスの全体像

環境ビジネスの概要記事一覧

なぜ、環境ビジネスが生まれたのか?

環境問題は広範で複雑大気汚染や水質の汚濁など、様々な公害問題に悩まされたのが高度経済成長期の我が国でした。公害防止ビジネスはこうした背景をもとに生まれ、成長してきました。大気汚染防止装置や水質汚濁防止装置が、代表的な例です。環境問題は90年代半ばに国際的な問題になり、その対応策の一つとして生まれてき...

≫続きを読む

環境ビジネス市場の構造について

100項目以上あるOECDの分類分類や定義について識者や関係機関の間で見方が分かれているのが、発展途上のビジネスである環境ビジネスの現状です。経済協力開発機構(OECD)は、以下の様に環境ビジネスを定義しています。「環境に対し大気や水、土壌等が与える影響と騒音や廃棄物、エコ・システムに関する問題を計...

≫続きを読む

環境ビジネスの市場規模について

主力は公害防止型と省エネ型環境ビジネスの定義が未だ不確定なため、環境ビジネスの市場規模については現状では的確な推計を行うことができません。環境省の発表した「我が国の環境ビジネスの市場規模及び雇用規模の現状と将来予測についての推計」は、環境ビジネス関連の論文の中でも頻繁に引用されているものですが、この...

≫続きを読む

環境ビジネスの国際成長要因とは?

地球温暖化の被害が表面化我が国のみならず、国際的にも重要な課題となっているのが環境問題です。「第四次評価報告書第一・第二作業部会報告書」という2007年の2月にIPCCが発表した報告書には、地球温暖化の影響としてすでに現れている具体的項目を20挙げており、国際的にも注意が必要だとしています。欧州熱波...

≫続きを読む

環境ビジネスの国内成長の将来性について

国は環境ビジネスを「持続可能な社会の経済モデル」と位置づけています。そして育成していく方針です。つまり環境ビジネス育成は国策なのです。環境基本計画で方針を決める日本は1994年に「環境基本計画」を策定しました。それ以後、環境関連政策は整備され、環境ビジネスを形成させ、成長を促してきました。2003年...

≫続きを読む

いかにして環境ビジネスを開発するか?

環境ビジネスに進出する企業が急増しました。その数は、4000社以上です。これらの企業は、どうやって環境ビジネスを開発したのでしょうか。開発ケースが多様化している日本の環境ビジネスの成長してきたのは、参入してくる企業が多様なことも一因です。2000年頃までは、公害防止ビジネスなどを手がけた鉄鋼メーカー...

≫続きを読む