自然との共生

自然との共生記事一覧

エコマテリアルのビジネスの現状とは?

製品や部品を作成するには、膨大な材料があります。環境負荷は多くのものを使えば使うほど増えていきます。「エコマテリアル」とは、環境負荷を最小にする材料のことで、現在注目されています。材料概念が我が国で生まれたエコマテリアルは、「環境負荷の小さい高性能・高機能の工業材料や材料技術」をいいます。未踏科学技...

≫続きを読む

光触媒のビジネスの現状とは?

光触媒は、抗菌、消臭、有害物質除去に優れた機能を発揮します。そのため、近年急激に需要が拡大しています。新素材が90年代に商品化酸化チタンは紫外線に当たると、物質の酸化分解と親水化が起きます。「光触媒」といわれます。酸化分解は汚れの分解、消臭・脱臭、抗菌・殺菌、有害物質除去を行います。親水化反応はガラ...

≫続きを読む

炭素繊維のビジネスの現状とは?

「軽くて強い炭素繊維」は機械部品の省エネ化を促す中核的エコマテリアル」として需要が拡大中です。日本は世界シェアの8割を占有している炭素繊維というのは、グラファイトでできた繊維のことをいいいます。その物理的性質は、比重が鉄の1/4、強度は鉄の10倍です。つまり、軽くて強い特徴があります。そして、摩擦に...

≫続きを読む

エコ住宅のビジネスの現状とは?

大手メーカーは「エコ住宅」を次々に発売しました。生活に直結し、テレビCMの影響もあり、消費者の関心は高まっています。中身は一緒でも各社名称は違うエコ住宅とは定義としては、「LED照明、太陽光発電など省エネルギー設備、いろいろな自然痛通風や、内装材の環境共生設備・建材を使用した住宅」です。一般住宅戸の...

≫続きを読む

屋上緑化ビジネスの現状とは?メリット・デメリットなど

ビルの屋上などの緑化、庭園化するビジネスが活発化してきました。省エネ向上、都市景観の向上に貢献する典型的なグリーンビジネスです。ヒートアイランド現象を緩和する屋上緑化とは、ビルの屋上、屋根、バルコニーなどを植物で覆うものです。外壁の緑化は、壁面緑化といいます。その役割を次に示します。@ビル屋上の省エ...

≫続きを読む

土壌汚染対策のビジネスの現状とは?

日本の土地は有害物質で汚染されたところが32万ヶ所もあります。これを浄化するビジネスが成長しています。東京都区部の倍の面積が汚染されている2003年2月「土壌汚染対策法」が施行されました。これにより、土壌浄化のビジネスが形成されました。これは、工場排出物漏洩や不適正処理、有害物質漏出などで汚染された...

≫続きを読む

エコカーのビジネスの現状とは?

日本で世界初の「量産電気自動車」が発売され、「エコカー時代」が始まりました。燃料電池車の量産も始まろうとしています。日本はエコカーの先進国「エコカー」とは、環境負荷の低い車の総称です。環境対応車とも、クリーンエネルギー車ともとも呼ばれます。2009年現在、次に掲げる車種が、市販されてます。燃料電池車...

≫続きを読む

ヒートポンプのビジネスの現状とは?

省エネと未利用エネルギーが同時に活用できるヒートポンプが本格的に普及しようとしています。家庭用燃料電池のライバルです。3倍以上のエネルギー効率ヒートポンプというのは、低温熱源の熱を高温熱源へ送り込む装置のことをいいます。大気熱、工場排熱、地中熱など未利用ネネルギーを活用するものです。ヒートポンプは圧...

≫続きを読む

コージェネのビジネスの現状とは?

工場や事業所を中心にして、発電の排熱を利用して暖房や給湯できるコージェネレーションシステム導入が、毎年着実に増加しています。エネルギー供給装置が省エネに優れているコージェネ(コージェネレーション)というのは、発電機の排熱で蒸気や温水を発生させ、電気と温水を同時に作るもので、熱電供給システムと呼ばれま...

≫続きを読む

日本の林業のビジネスの現状とは?〜その1〜

日本は世界有数の森林大国ですが、林業は衰退の一途です。森林資源は、荒廃していってます。森林率は主要国で2位森林は地球環境にとって、とても大切な役割をしています。樹木の根で土壌を抑えます。降雨による土砂、土壌の流出を防ぎます。表土は小動物、根で空隙を生じます。雨水は地中で貯水されます。洪水の防止や渇水...

≫続きを読む

日本の林業のビジネスの現状とは?〜その2〜

巨額の補助金で事業を継続して、「延命治療産業」と林業は言われてきました。しかし、グリーンビジネスの主要産業として見直されつつあります。林業再生が、ようやく始まった農林水産省は2001年6月、林業基本法を抜本的に見直し「森林・林業基本法」を制定しました。ここで、ようやく拡大造林政策を転換したのです。新...

≫続きを読む

水のビジネスの現状とは?

人口増加、経済成長は水の消費量を一挙に増大させます。しかし、水資源は限られています。世界中で水ビジネスが成長しています。水の0.8%が利用可能地球を水の惑星と呼び、宇宙から見ると水で覆われているくらい水は豊富です。その量は、14億キロm3と推計されています。ただし、その97.5%は海水です。淡水量は...

≫続きを読む