企業の事例

企業の事例記事一覧

株式会社フミン

「光熱フィルター」がヒートアイランド対策技術に注目されています。これは福島県の農機具用資材メーカーが開発したものですが、従業員はわずか3名です。断熱ガラスに変換する普通の窓ガラス光熱フィルターはガラスでありながら、熱や紫外線、太陽の直射熱を遮断できる塗装技術のことをいいます。夏季は涼しく、冬季は熱を...

≫続きを読む

森鉄工株式会社

物理的手法で「研磨スラッジ」をリサイクルする方法を、世界で初めて開発したのは佐賀県の中小プレス機のメーカーでした。リサイクルは不可能と言われた研磨スラッジは、金属研磨で発生する金属粉のことです。リサイクルは、不可能とされてきました。その理由は@粒子が微細A研磨油の混入です。埋め立てにされてきました。...

≫続きを読む

田中建材株式会社

ヒートアイランド現象緩和の有効作で、「木材アスファルト舗装」が注目です。この技術の先陣は、滋賀県の地場建設会社が切っています。舗装の環境負荷が低い環境負荷が低いアスファルト舗装に、木質チップを合成樹脂で固めたものがあります。これは通常のアスファルトに比較して、ヒートアイランド現象が緩和される効果があ...

≫続きを読む

楽しい株式会社

食品廃棄物を地域内で完全リサイクルする「メリーズシステム」を、福岡県のベンチャービジネス企業が開発しました。いま注目されています。一元的に推進する食品リサイクルメリーズシステムの概要は、食品廃棄物でまず堆肥を作り、次に野菜を作り、その野菜を食品廃棄物の排出元に還元する1元的なリサイクルサービスをいい...

≫続きを読む

株式会社クリーンベンチャー21

太陽電池の製造コストが、従来の1/5となる「集光型球状太陽電池」を京都のベンチャー企業が開発しました。省資源・省エネ型の製造面太陽電池の形状は、平面が常識でした。設置するのは傾斜型の屋根、屋上でした。しかし、この常識は2007年に京都のベンチャー企業によって覆されました。「集光型球場太陽電池」は、5...

≫続きを読む

株式会社昭和

チタンは加工が、困難な金属です。しかし、思い通りに加工するチタン加工技術では突出した奈良県にある中小企業があります。今や、チタン製エコマテリアルのトップ企業として発展しつつあります。チタンを塗料の代わりにして船底保護チタンは「軽くて、硬くて、錆びにくい」特徴があり日常でよく使われる金属です。しかし、...

≫続きを読む

株式会社モリタ

「消火化器から肥料」。一見結びつかないリサイクル技術の開発は、消火器メーカーによってなされました。消火器を知り抜いているゆえの環境ビジネスです。肥料原料は輸入に頼っている日本では、消火器の内容物の有効期限は8年です。年間約320万本が排気されています。総重量の60%が消火薬剤で、その量は約1万トンで...

≫続きを読む

株式会社インクマックス

繊維の染色に水と熱がほとんど使われない無水染色法「inkmax 染色革命」が開発されました。開発したのは、大手総合商社の事業会社です。大いに注目されています。95%削減した水消費量「inkmax 染色革命」。これは、伊藤忠商事の事業会社インクマックスが、2007年5月から本格的に事業展開している無水...

≫続きを読む

株式会社 環境経営総合研究所

古紙をパウダー化して、世界初の古紙エコマテリアルを開発したベンチャー企業があります。海外からも注目されています。工業新素材は古紙から生まれた日本の印刷・製本所、紙工場からは大量の裁断くずの排出があります。紙の質が良くない理由でリサイクルがなされず、毎年500万トンが産業廃棄物として焼却されてきました...

≫続きを読む

株式会社 ジオパワーシステム

再生可能エネルギーである地中熱を利用して、空調をする「ジオパワーシステム」を山口県の地場建設会社が開発しました。海外にも技術移転するなどして注目されています。暑すぎず寒すぎずジオパワーシステムというのは、地下5mの地中熱を利用する空調システムをいいます。冷媒は使わず自然空調です。室内は暑すぎず寒すぎ...

≫続きを読む

日本キヌカ株式会社

米ぬか油を原料にして、木材用自然塗料「キヌカ」を石川県の米作農業農家が開発しました。大変注目されています。機能性食品を精米廃棄物から「キヌカ」は、米ぬかの油で作った木材用自然塗料です。自然塗料は、乾燥に時間がかかっていたのですが、それを改良しました。安全性と使いやすさが魅力で、建設会社、ホームセンタ...

≫続きを読む

日生バイオ株式会社

産廃処理されていたサケ白子を、「二重螺旋DNAフィルター」にリサイクルする技術を北海道のバイオベンチャーが開発しました。国際的にも注目されています。「開発は無理」と世界中の研究者が言った二重螺旋DNAフィルターというのは、サケの白子から抽出した二重螺旋DNAを用いて、環境汚染物質のみを除去するバイオ...

≫続きを読む

株式会社 今泉鐵工所

水と超音波で電子・電気部品、半導体を洗浄できる超音波洗浄機「アクアパス」を佐賀県の機械メーカーが開発し、注目されています。水の付加価値アクアパスというのは、水を超音波で振動させる産業用洗浄機のことです。環境付加価値、商品価値は次のとおりです。水だけなので廃液処理が不要。また濾過循環使用して水の使用量...

≫続きを読む

株式会社 トピア

廃棄物の分別なしで、ベニア板合板代替のボードにリサイクルできるマテリアル成形プラントを、愛知県の機械設計事務所が開発し、注目されています。リサイクル装置を設計屋が開発マテリアルリサイクルの基本は、廃棄物の分別を原則としています。できるだけ均質な原料を使うことが、安定商品を産みますし、混合原料では物理...

≫続きを読む