中小企業が環境ビジネスで成功するには?

中小企業が環境ビジネスで成功するには?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

市場牽引型の大企業が形成期を作り上げましたが、成長期・円熟期は中小企業が市場を牽引していきます。

 

独自の理念から生まれる成功

 

環境ビジネスが成長期に入り、これから市場を牽引するのは中小企業です。すべての産業が環境ビジネスと結びつき、新しい価値が生まれるのです。多様化していく市場環境は、大企業には小回りが利かず機動力に欠けます。ニッチ市場に強い中小企業の出番なのです。ただ、成功要件があります。一つ目は経営面です。

 

@理念経営

社会的使命感が必要です。明確な事業方針、理念が社員の行動となって現れます。社会的な信頼を得られることが重要で、会社は伸びていきます。

 

A価値創造

解決のための独自技術、ノウハウ、商品に環境付加価値があることです。それによって、オンリーワン事業モデルを構築できます。創造的な環境付加価値を持たせることが重要です。先にも述べたように、環境付加価値だけでは売れません。商品価値の訴求、価格、利便性が顧客の要求を満たすこと、でなければ市場の勝利は得られません。

 

中小企業が環境ビジネスで成功するには?

 

マスメディアを活用した商品PR

 

2つ目の要件は販促活動です。

 

@見える化

顧客に訴える、性能、効果これが「見える化」です。「赤ちゃんが舐めても大丈夫」のキャッチコピーが安全性をすべて言い表しています。これが一目瞭然の販促効果です。発生した環境問題の解決から、問題を発生させない商品開発も見える化には有効となります。

 

A知名度の向上

知名度がないのが中小企業の弱点です。克服には環境ビジネス展示会に積極的出品の必要があります。例えば「エコプロダクツ展」。話題となればマスメディアの報道は必至です。


このエントリーをはてなブックマークに追加