環境ビジネスの現状

環境ビジネスの現状記事一覧

身の回りに浸透している環境ビジネス

宝飾品もエコの時代オンライン通販の市場では最近、エコグッズに注目が集まっています。そのうちの1つにエコアクセサリーなるものがあります。廃棄物やリサイクル素材を使用して作られた宝飾品がエコアクセサリーで、美しさと環境配慮の両面を実現している点が特徴です。エコデコという会社が、昨今のエコアクセサリーブー...

≫続きを読む

石油系に迫る勢いのバイオプラスチック

品質向上によって用途が急拡大石油系のプラスチックに耐衝撃性や耐熱性、難燃性で劣るバイオプラスチックは、シートやフィルム、トレイなどの包装素材の分野にその用途が限られてきました。しかし近年では、バイオプラスチックの中に石油プラスチックを凌ぐ品質のものが現れ、その使用用途は包装素材以外にも広がっていきま...

≫続きを読む

営業や配達などに使われる電動自転車

電動自転車がバイクを抜く電動自転車の売れ行きが好調です。国内出荷数を見ると2008年は前年比で10%アップして31万6千台となり、出荷台数で50tバイクを抜き去りました。かつては、主婦層やシニア層の乗り物とされていたのが電動自転車です。しかし、近頃ではレジャーや通勤・通学、業務などに使用の幅が広がり...

≫続きを読む

LED照明の普及について

JR東日本がグループ全体で導入JR東日本本社ビルの社員食堂の証明が、2008年に蛍光灯からLED灯へ変わりました。LED灯が一般のオフィスビルに導入された先例として大きく取り上げられました。環境対策の一環として、JR東本が行ったのがLED灯への取り換えだったそうです。2009年から同グループはグルー...

≫続きを読む

環境を意識し始めた商業施設

20%削減した二酸化炭素埼玉県の越谷市内には、国内で最大級のショッピングセンターのイオンレイクタウンがあります。店舗面積は二棟を合わせて約22万平方メートルで、敷地面積は約26万平方メートルという広さで、この中には専門店が565店舗とスーパーが3店舗軒を連ねています。これほどの巨大な施設ですから、環...

≫続きを読む

世界最先端の火力発電所の仕組み

22年で12%も向上火力発電が発電設備の約60%を占めているのが、現在の我が国の状況です。また、我が国は海外に火力発電燃料の大半を依存しており、火力発電の発電効率の向上が燃料節減の観点から見ても必要です。営業運転を2009年2月に開始した東京電力川崎火力発電所は、発電効率59%という世界で最高水準の...

≫続きを読む