スマートグリッドの未来について

スマートグリッドの未来について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

オバマ大統領が環境政策の目玉としてスマートグリッドを打ち出しました。日本版のスマートグリッドはあるのでしょうか?

 

次世代電力供給網でIT活用

 

スマートグリッドとは、「ITの活用で電力の需要と供給を効率的に調整できる次世代の電力供給網」と一般的には捕らえられています。この考えは、背景に再生可能エネルギーの利用が拡大したことと電力の供給効率化が背景にあるのです。

 

再生可能エネルギー発電(太陽光、風力)は、発電の間欠性と変動性を持つものです。従って電力供給網の安定性を欠くのです。そして、この比率が増大すれば、送電線容量も不足してきます。そこで、ITを活用して問題解決を図るのが、スマートグリッドの考え方です。これが実現すれば、生活の快適さと省エネを両立できます。

 

家庭においては、個別の電力消費に基づいて、電力需要予測をきめ細かく予測します。電力を余剰地区から不足地区へ自動的に補給され、電力の負荷平準化ができることになります。結果として、大型発電所は必要がなくなります。スマートグリッドの実現は省エネと快適な生活の両立が可能なのです。

 

スマートグリッドの未来について

 

開発が本格化する電力中央研究所

 

日本のいくつかの会社や研究機関はスマートグリッドのプロジェクトを立ち上げています。電力中央研究所は、日本では大規模集中型電源と調和できるスマートグリッドが適していると考えています。そして「TIPS」というスマートグリッドを開発中です。

 

TIPSの課題は、以下の通りです。

 

@需要地系統の一体化運用

新配電網「需要地系統」に、供給、需要が連携して再生可能エネルギー発電の大量導入できる技術開発

 

A需要地系統と送電系統の共調運用

再生可能エネルギー発電を大量導入した場合の予備電力確保などの需給運用への影響や、送電網への影響を定量的に把握するための解析技術の開発

 

Bデマンドレスポンス

家庭・オフィスの需要に応じた自動電力供給技術開発

 

C需要地系統通信インフラの構築

自動検針・需給一体型の電力供給・調整など、需要側と供給側の双方向通信を行うためのインフラ技術開発

 

 

TIPS
Triple I Power Systemsの略。Triple Iは知的、相互影響的、統合的の3つのIを指している。

 

デマンドレスポンス
電中研の試算によれば、デマンドレスポンスにより2020年度の夏季平均昼間の東京電力管内の電力消費量は129万KW削減可能となる。この削減量は同年度夏季の供給予備電力量の25%に相当する。


このエントリーをはてなブックマークに追加