マイクログリッドの未来について

マイクログリッドの未来について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スマートグリッドの概念は広範囲ですが、一定範囲で運用するものをマイクログリッドといいます。これは再生可能エネルギー発電普及のインフラ技術として注目されています。

 

可能になった電力の「地産地消」

 

マイクログリッドは、「地域分散型エネルギーシステム」の総称です。概念は、スマートグリッドの地域版です。米国は地域コミュニティが多く、提唱がなされました。具体的にいうと「地域内の複数の小型の分散型電源、電力貯蔵装置、需要家を自営線でつないでITの活用で効率的な電力需給を行うシステムです。

 

マイクログリッドの特徴は、以下の通りです。

 

@設備投資の縮小

電力消費地内または近辺で発電するため、軽微な設備投資ですむ。

 

Aエネルギーの効率化

地域内の熱源供給が容易なため、エネルギー効率を向上できる。

 

Bリスク防止

長距離送電が不要であり、送電線の寸断事故は少ない。

 

C安定性

再生可能エネルギー発電の地域内導入が容易である。電源の多様化が図れるので、特英電源に依存しないで安定的な電力供給ができる。

 

マイクログリッドは、地域賦存の再生可能エネルギーを地域内で消費する「電力の地産地消」による地域活性化効果が期待されています。

 

マイクログリッドの未来について

 

促進されるエネルギー自給率の向上

 

日本においては、NEDO新エネルギー・産業技術総合開発機構の「新エネルギー等地域集中実証研究」によって2003年度からマイクログリッドの実用化研究が行われています。2005年3月に開幕した「愛・地球博」では、会期中、生ごみや廃木材・プラスチックを燃料として燃料電池、太陽光発電を電源としたマイクログリッドによる電力が供給されました。青森県八戸市、京都府京丹後市でも地域特性を生かしたマイクログリッド実用化研究が行われています。

 

これら研究は、当該地域で賦存量が多い再生可能エネルギー発電と燃料電池、電力貯蔵装置を組み合わせて、学校・公共施設への安定電力供給と熱供給を実証したのです。マイクログリッドの実用化が進めば、大都市部の熱電併給システム化や工場・公共施設の再生可能エネルギーの導入が進みます。

 

そうなれば日本では、安全性の高い電力発電を基幹として、再生可能エネルギー発電と天然ガス火力発電をミドル発電、調整の容易な水力発電をピーク時の予備発電とすることができます。エネルギー自給率の向上につながります。

 

 

NEDO
新エネルギー・産業技術総合開発機構


このエントリーをはてなブックマークに追加