環境ビジネスの将来

環境ビジネスの将来記事一覧

グリーンITとは何か?

情報化社会の真っ只中、進展するにつれて、流通情報量は爆発的に増加し、継続しています。グリーンITの行方に注目が集まります。電力消費量が激増した「情報爆発」グリーンITとは、「IT機器のグリーン化」「IT機器によるグリーン化」の両面から、電力の消費量削減と地球温暖化防止対策を目指そうとする省エネ技術を...

≫続きを読む

都市鉱山開発の未来について

物質・材料研究機構が「わが国のごみの中に含まれるレアメタル(希少金属)量は世界有数の資源国埋蔵量に匹敵する」と発表してから、都市鉱山として開発が注目されています。金、銀、白金の使い捨て都市鉱山というのは、使い捨ての大量排出された使用済みの電子機器のことを鉱山にたとえていいます。1980年代、東北大学...

≫続きを読む

環境ナノテクノロジーの未来について

ナノテクノロジーというのは、10億分の1メートルサイズの素材を応用した技術です。「環境ナノテク」として、環境技術の変革をもたらしています。革新を図るナノテクで環境技術ナノテク(ナノテクノロジー)というのは、10億分の1メートルの大きさに加工する技術のことです。もちろん肉眼では、見えない原子レベルの大...

≫続きを読む

CCS技術の未来について

CO2の排出抑制だけでなく、排出したCO2の回収・隔離も急がれています。CCS技術(CO2回収・貯蓄)の行方が注目されています。排出したCO2を封印する技術CCS(CO2回収・貯蓄)技術というのは、火力発電所などのCO2大規模な排出源からCO2を分離・回収します。つまり、大気から回収する技術です。方...

≫続きを読む

クリーンコール技術の未来について

石炭はCO2や大気汚染物質の排出が多いエネルギーですが、クリーンにするクリーンコール技術の開発が進んでいます。石炭液化から石炭ガス化へ変化石炭の埋蔵量は、化石燃料中で最も多いものです。安価なエネルギーで、今後は、最も重要な一次エネルギーと捕らえられています。石炭の問題は、2つの大きなものがあります。...

≫続きを読む

電力貯蔵技術の未来について

再生可能エネルギー発電や系統電力を効率的に利用するために、電力の貯蔵技術の開発が本格化してきました。可能になった系統電力のピークカット電力貯蔵技術とは、発電した電気を効率的に利用するように、随意に充電・放電を繰り返す技術をいいます。発生した電力を必要時に使うために、貯蔵しておくことが必要です。電力貯...

≫続きを読む

スマートグリッドの未来について

オバマ大統領が環境政策の目玉としてスマートグリッドを打ち出しました。日本版のスマートグリッドはあるのでしょうか?次世代電力供給網でIT活用スマートグリッドとは、「ITの活用で電力の需要と供給を効率的に調整できる次世代の電力供給網」と一般的には捕らえられています。この考えは、背景に再生可能エネルギーの...

≫続きを読む

マイクログリッドの未来について

スマートグリッドの概念は広範囲ですが、一定範囲で運用するものをマイクログリッドといいます。これは再生可能エネルギー発電普及のインフラ技術として注目されています。可能になった電力の「地産地消」マイクログリッドは、「地域分散型エネルギーシステム」の総称です。概念は、スマートグリッドの地域版です。米国は地...

≫続きを読む

グリーンケミストリーの未来について。取り組みなど

グリーンケミストリーの考え方とは「排出した環境汚染物質を処理する」のではなく「環境汚染物質を排出しない」ということで、化学物質管理の考え方に基づいています。新12か条である化学物質管理グリーンケミストリーとは、化学物質や化学製品による健康と環境の負荷を、ライフサイクル全般にわたって低減させる概念です...

≫続きを読む

湖沼の水質浄化の未来について

湖沼は日本では、汚濁が問題となっています。湖沼の浄化対策事業が、2006年度から本格化しました。水質浄化技術が注目されています。水質浄化の3つの対策湖沼の水質汚濁の原因は、生活排水などの外部負荷、湖沼ない生物の内部負荷、養殖などの直接負荷に分類されます。1984年に湖沼法が制定、水質浄化対策が講じら...

≫続きを読む

バイオレメディエーションの未来について。問題点など

土壌汚染対策法の施行で汚染土壌対策事業が本格化しています。低コストで汚染浄化できるバイオメディエーションが注目されています。汚染物質を分解させる微生物の力バイオメディエーションというのは、微生物の力で土壌や地下水の汚染を浄化する技術の総称です。「生物による環境修復技術」と呼ばれます。1970年代、米...

≫続きを読む

砂漠緑化の未来について。砂漠化防止緑化などの紹介。

地球温暖化が進行しています。それと並行して、地球表面の41%を占める乾燥地帯の砂漠化が進行しています。砂漠化防止のための緑化が注目されています。世界の課題である砂漠化防止砂漠化とは、乾燥地帯の土地が劣化することです。砂漠化しやすい乾燥地帯は、地表の41%を占めています。そこには、20億人もの人々が暮...

≫続きを読む