環境ビジネスの仕事

環境ビジネスの仕事記事一覧

環境ビジネスの仕事とは?

環境ビジネスの仕事とは、非常に多いのです。例えば、太陽光発電、燃料電池、リサイクル、屋上緑化、エコマテリアルなどです。先端技術からローテクまでと、範囲が広い環境ビジネスの仕事は、循環型社会の形成と持続可能な経済成長をビジネス手法で支えるものなのです。従って、多岐にわたっています。多くの業界は、何らか...

≫続きを読む

廃棄物処理の仕事について

廃棄物処理は循環型社会を形成するには基幹となるビジネスです。特に産廃は廃棄物の処理技術が進み、活廃棄物そりの需要は拡大しています。ゴミ処理産業から静脈産業へ工業化社会では、製造業や物流業が主流でした。これは、消費型社会で、産業革命から20世紀末までを支えてきたものです。人の体に例えると、「動脈産業、...

≫続きを読む

リサイクルの仕事について

廃棄物の再資源化するリサイクル事業は、業界を問わず事業者が進出しています。新しい事業開発に国も積極支援をしています。リサイクル事業が活性化するリサイクル業は、中間処理された廃棄物を再資源化するものです。広義では、廃棄物の再利用、リユースもリサイクルとみなしていいでしょう。ここでは、両方の解説をします...

≫続きを読む

再生可能エネルギーの仕事について

地球温暖化の防止には最大効果が有り要になるといわれる「再生可能エネルギービジネス」には、エネルギー開発やプラント開発などの大型なビジネスが盛んに行われています。国産エネルギーを開発する仕事化石燃料は、全ての現在使用されているエネルギーの90%以上を占めています。しかし、今世紀中には枯渇すると言われて...

≫続きを読む

エコマテリアルの仕事について

現在は、製品のライフサイクルを通して環境負荷を低減することが求められています。材料の段階で環境負荷が低減できるエコマテリアルは需要が拡大しています。開発競争が本格化する環境共生型の製品を開発するに当たっては、材料を選択することが最も重要です。これによって、環境負荷が大きく変わります。環境負荷が低いエ...

≫続きを読む

エコ住宅の仕事について

エコ住宅市場は成長期に入りました。中でもエネファーム(家庭用燃料電池)標準装備した「省エネ住宅」は人気商品です。進出が増える中小工務店エコ住宅のPRは、耳障りの良い「CO2ゼロ」「エネルギー消費の少ない省エネ生活」「自然喚起・通風の快適生活」というものが多く見られます。環境共生住宅認定制度が、199...

≫続きを読む

環境汚染浄化の仕事について

環境汚染浄化のビジネスは今後成長が予想されます。土壌・水質汚染対策、アスベスト対策など、技術開発が必要とされます。本命技術としての土壌・水質汚染対策公害防止装置技術は進化して、環境汚染物質を除去する浄化技術となりました。社会緊急度が高いのは土壌・水質汚染浄化分野とアスベスト無害化分野であり、この分野...

≫続きを読む

自然環境保全・再生の仕事について

公共工事は、自然破壊から自然保護へと転換しました。このことで自然環境保全・再生ビジネスが急成長しています。コンクリート護岸から親水護岸へかつて日本の国土開発の基本は、「治水・治山」でした。今も変わりはありませんが、地形に沿った川の流れを変え、上流に水防のためのダムを築き、森林には砂防ダムを作り続け、...

≫続きを読む

環境コンサルティングの仕事について

今まで紹介してきたのは環境ビジネスの中で商品販売分野でした。近年では環境に対する知識提供のコンサルティングビジネスが成長しています。環境保全活動支援の需要が高まるCSR意識は、国際的に高まっています。一般企業では、環境保全運動は盛んに行われています。しかし、多くの広い知識が必要で、複雑な対応を迫られ...

≫続きを読む